米ブロケード、ソフトウエア版WAFSを提供--パケッティア社の技術を利用

CNET Japan Staff 2006年12月18日 06時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Brocade Communications Systemsと米Packeteerはこのほど、遠隔拠点におけるファイルアクセスを実現するソフトウェア版「Brocade Tapestry WAFS(Wide Area File Services)」を発表した。

 新製品は、WAN(Wide Area Networks)環境において、LANに匹敵する共有ファイルへの高速なアクセスを実現できるというマイクロソフトのWindowsプラットフォームをベースとし、Windows Server 2003上で稼動する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?