モジラ、「Firefox 2.0.0.1」をリリース--脆弱性を修正、Vistaに対応

吉澤亨史 2006年12月20日 20時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozillaは12月20日(日本時間)、ウェブブラウザの最新版「Firefox 2.0.0.1」を公開した。Windows版、Mac OS X版、Linux版の3種類ともにバージョンアップされている。

 2.0.0.1では、クロスサイトスクリプティングやバッファオーバーフローなど脆弱性が修正されている。

 最新版は、Mozilla Japanのサイトから無償でダウンロードできる。また、すでにFirefoxをインストールしているユーザーは、オンラインアップデートでバージョンアップが可能だ。Windows版では、既定のブラウザに設定できないといった制限はあるものの、新たにWindows Vistaに対応した。

 また日本語版では、バージョン2よりYahoo! JAPANとGoogleの検索バーで検索キーワードの候補表示機能が組み込まれているが、最新版ではgooのウェブ検索サービスもキーワードの候補表示機能が利用できるようになった。これは、検索バーに文字を入力し始めると、gooで人気のあるキーワード候補がドロップダウンリストで表示される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから