エムオーテックス、メールの添付ファイルの完全トレースを実現する機能

WebBCN(BCN) 2006年12月21日 12時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エムオーテックス(高木哲男社長)は12月21日、ネットワーク・セキュリティ管理ツール「LanScope Cat5」と、メール管理ソフト「LanScope Guard2」を連携して使える機能を開発し、発売したと発表した。

 今回の統合で、「電子メールの添付ファイルが、いつ生成され、どのような経緯で、電子メールに添付されたか」といった操作履歴をトレースできるようになる。これにより、従来の「点(メール送付時)」での「禁止」や「アラーム通知」に加えて、誰から誰に送られたのかなどの「線(メール送信前後の動き)」で操作履歴が把握できるようになり、情報漏えい事故など万が一の事態が発生した場合でも、証跡として利用できる。

 また、 Webコンソールでの一元管理が可能となったことで、「LanScope Cat5」と「LanScope Guard2」の2つのツールのアラームを同時に一画面上に掲示でき、ネットワーク上の問題を見逃すことなく発見できる。さらに、セキュリティを数値で示すセキュリティ診断画面を一元化し、メールを含むネットワークの安全性を一目で把握できるようになった。このため、ネットワーク・インシデントの原因が、どこの部署の誰によるものなのかが3クリックでわかり、「禁止」するのではなく、社員にモラルを持たせ「抑止」することでネットワークの安全がさらに強化できる。

エムオーテックス=http://www.motex.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!