タワーレコード、ナップスターでアラクサラのギガビットルータ/スイッチ採用

CNET Japan Staff 2006年12月21日 21時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アラクサラネットワークスはこのほど、同社のギガビットルータ/スイッチ「AX」シリーズがタワーレコードの音楽配信サービスシステム「ナップスター」に採用され、稼動を開始したことを発表した。

 ナップスターは、タワーレコードのグループ会社であるナップスタージャパンを通じて提供される音楽コンテンツ配信サービス。今回アラクサラ製品が採用されたのは、コンテンツ配信ためのデータセンター部分で、シャーシ型コンパクト・ギガビットルータ「AX7702」、およびBOX型コンパクトギガビットマルチレイヤースイッチ「AX3630S」が採用された。

 タワーレコードでは、ナップスターの開始にあたって、「サービスの品質を確保しつつ、今後予想される加入者の増加に柔軟に対応できること」、「ダウンタイムを極小化すること」「将来のサービス拡充に対応できるスケーラビリティを備えていること」などを重視しており、アラクサラ製品の以下の特長を評価して採用した。

  • 回線速度最大限に活用でき、マルチメディアデータに対応可能なパケット中継性能
  • マルチISP接続に対応し、回線障害時に瞬時の回線切り替えが可能
  • 将来のサービス拡充に対応可能な10Gインタフェース装備
  • 販売パートナー、アラクサラが一体となった製品サポート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから