マイクロソフト、PowerPointをプレインストールで提供開始

目黒譲二 2006年12月22日 23時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは12月21日、2007年1月30日に一般・個人向けに発売予定の「2007 Microsoft Office system」スイート製品と「Microsoft Office OneNote 2007」が、同時期にPCメーカー各社より出荷されるPCにプレインストールされると発表した。

 今回、プレインストールで提供される2007 Office systemパッケージ製品は「Microsoft Office Personal 2007 with Microsoft Office PowerPoint 2007」「Microsoft Office Personal 2007」「Microsoft Office Professional 2007」「Microsoft Office OneNote 2007」の全4製品。

ロゴ Office Personal 2007 with PowerPoint 2007がインストールされたPCに貼り付けられるロゴ

 今回新たに提供されるOffice Personal 2007 with PowerPoint 2007では、ニーズは高かったものの、これまでプレインストールでの提供がなかったPowerPointが新たに追加されている。マイクロソフトは、同製品を出荷開始から1年間で約100万本、PCメーカーへ出荷するとしている。

 Office Personal 2007 with PowerPoint 2007のプレインストールを表明しているPCメーカーは、エプソンダイレクト、NECパーソナルプロダクツ、Gateway、ソニー、ソーテック、デル、東芝、日本ヒューレット・パッカード、富士通、松下電器産業となっている。

 また、マイクロソフトは、プレインストールモデルを広く紹介するためのロゴを作成し、店頭PCコーナー展示機へ貼付するなどして、個人ユーザーがPCを購入する際に分かりやすくするとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!