OSJ、Linux向けシステムバックアップツールの販売・運用保守を開始

CNET Japan Staff 2006年12月23日 00時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンソース・ジャパン(OSJ)はこのほど、マウンテンビューデータが開発したLinux向けシステムバックアップ/プロビジョニングツール「PowerCockpit」の販売・サポートを開始した。

 OSJでは、今回の販売開始にあたり、Linux互換の「CentOS」上での利用もサポートする。

 PowerCockpitは、システムを停止させることなくオンラインで稼動状態のOSイメージを取得することが可能となっている。取得したシステムイメージはリポジトリ管理され、種類別、世代別に管理することもできる。

 また、一つのバックアップイメージから異なるハードウェア構成のマシンへのリストアが可能だ。リストア先のディスク容量が違っていても、GUI上でディスクレイアウトの編集やファイルシステムの作成することもできるようになっている。

 管理サーバライセンス、8ノードライセンス、年間プロダクトサービスがパッケージされた「PowerCockpit 2.2 スタンダード ベース」の価格は39万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!