日揮情報ソフト、Windows環境のセキュリティレポーティングツールを販売

CNET Japan Staff 2006年12月23日 01時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日揮情報ソフトウェアはこのほど、米ScriptLogic製のWindows環境セキュリティレポーティングツール「Enterprise Security Reporter」の販売を開始した。

 Enterprise Security Reporterは、企業規模のWindowsネットワークにおけるアクセス権の管理レポートに重点をおいたソリューション。Active Directory、NTFS(ファイル/フォルダ)のアクセス権、レジストリ、ファイルやプリンタの共有など、Windowsサーバのすべての情報をレポートする。

 また、ユーザーアクセスの可否だけでなく、アクセス権が更新、追加、または削除された変更個所について、過去の情報と比較したレポートの生成も可能だ。

 価格は初年度メンテナンス込みで10万5000円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR