サン、ノート型シンクライアント端末「Sun Ray 2N」を発売へ

CNET Japan Staff 2006年12月23日 03時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サン・マイクロシステムズはこのほど、ノート型のSun Rayシンクライアント端末「SunRay 2N Virtual Display Client」を発表した。

 新製品は、現行モデルの「Sun Ray 2」および「Sun Ray 2FS」をさらに省スペース化したモデル。

Sun Ray 2N 低消費電力がウリのSun Ray 2N

 サンでは、シンクライアント・システム全体として、大幅な低消費電力化を可能にする製品としても売り込みたい考えだ。同端末の消費電力はわずか36Wで、一般的なノート型PCの消費電力(70W前後)の約2分の1となるという。

 2007年1月下旬より販売活動を開始し、2月下旬に出荷する予定。税別価格は16万2000円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR