ゼンド、 SAMP環境の開発・運用基盤「Zend Platform」Solaris x86対応版を出荷

CNET Japan Staff 2006年12月23日 03時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゼンド・ジャパンはこのほど、PHPサーバの機能を増強し、エンタープライズ環境に対応させるソリューション「Zend Platform」のSolaris x86対応版「Zend Platform 2.2.2 日本語版」を出荷したことを発表した。

 Solarisを活用したSAMP(OS:Solaris、ウェブサーバ:Apache、DB:MySQL、開発言語:PHP)環境で、ウェブアプリケーションの開発・運用基盤となる。

 使用期限なしの通常ライセンス価格は1CPUで50万4000円、2CPU以上だと81万9000円。1年更新の年間ライセンスは1CPUで18万9000円、2CPU以上だと24万9000円になる。

 30日間フル機能を試用できるZend Platform評価版を「MyZend」より無償でダウンロードできる。MyZendは登録制のコンテンツサービスであり、登録に費用はかからない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!