ユニアデックス、Windows向け高可用性ソフト「Marathon everRun」を発売

ニューズフロント 2006年12月25日 13時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユニアデックスは12月25日、高可用性ソフト「Marathon everRun」の販売と、同ソフト向け導入・構築・保守サービスの提供を開始した。

 Marathon everRunは、米Marathon Technologiesの製品。Windows上に仮想的なWindows環境を設け、無停止型の高可用性システムを構築する。これにより、Windows向けアプリケーションとの親和性が高く、単一サーバと同等の運用性を備える環境を実現できる。

 ユニアデックスでは、「仮想化されたOS環境でアプリケーションが稼働するため、クラスタ対応アプリケーションの利用やクラスタ用スクリプトなどのシステム設計・開発が不要で、維持・運用にかかる追加コストが不要」としている。また、クラスタシステムの単一故障点となる共有ディスクを使用しないため、共有ディスク型クラスタシステムを超える高可用性システムが実現可能という。

 Windowsサーバ2台を同期実行することで停止時間ゼロを目指す「Marathon everRun FT」と、障害発生時に入出力環境の連続可用性を維持しつつ待機サーバへの切り替えを行う「Marathon everRun HA」という2種類のモデルを用意する。さらに、2台のサーバを遠隔配置し、災害時の連続運用を可能とする「Marathon everRun SpilitSite」も提供する。

 価格は、Marathon everRun FTが122万円から、Marathon everRun HAが95万円からとなる。ユニアデックスは、今後3年間で導入・構築・保守サービスを含め約2000ライセンス、約20億円の売り上げを目標とする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR