ソーシャルカレンダーソフト「c2talk」が携帯電話からも利用可能に

ニューズフロント 2006年12月25日 15時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インフォテリアは12月25日、ソーシャルカレンダーソフト「c2talk」の最新ベータ版を提供開始すると発表した。c2talkが表示するカレンダーに対し、携帯電話から閲覧や予定の書き込みを可能にするなど、各種機能を強化した。

 c2talkは、ユーザーの予定を組み込んだカレンダーコンテンツを作成、利用できるPC向けクライアントソフト。作成したコンテンツを専用サイトに登録、公開することや、公開されているコンテンツを取り込むことが可能。

 新ベータ版では、PC上のカレンダーコンテンツをウェブページに自動変換し、そのURLを携帯電話のメールアドレスへ通知する。ユーザーが携帯電話からウェブページに書き込んだ予定は、PC側に反映する。コンテンツを変換したウェブページは、複数のユーザー間で共有できる。

 また、専用サイトに公開されたカレンダーコンテンツを、外部のウェブブラウザを使わずc2talkから直接ダウンロードする機能を追加した。このほか、カレンダーコンテンツと独立して月替わりの壁紙を表示するなど、インターフェースも改良した。

 インフォテリアは今後、ユーザーからのフィードバックをもとに、開発の進展にあわせてベータ版を更新していくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!