日立コンサルティング、営業支援システムに「Siebel CRM On Demand」を導入

CNET Japan Staff 2006年12月26日 17時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立コンサルティング、日本オラクル、日本オラクルインフォメーションシステムズは12月25日、日立コンサルティングがSaaS(Software as a Service)型CRM「Siebel CRM On Demand」を採用して営業支援システムを稼動したことを発表した。

 日立コンサルティングは、営業活動の効率化、戦略的営業活動の強化を可能にするシステムとしてSiebel CRM On Demandを導入。提案内容、進捗状況、受注見込みおよび確定金額などの案件管理に活用している。今後、サービスの戦略的提案や顧客への受注活動の迅速化などの改善や効果を期待しているという。成功すれば、日立グループへの展開も視野に入れている。

 2006年4月に発足した日立コンサルティングは、日立グループのコンサルティングの中核として、ビジネスコンサルティングからシステムインテグレーションまでを一貫して提供している。現在の社員は400人だが、2008年までに1000人規模まで事業を拡大する予定だ。今回のSiebel CRM On Demand導入は、事業拡大に対応したもの。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから