CTC、米社製のネットワークIDアプライアンスサーバを発売

CNET Japan Staff 2007年01月10日 18時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は1月9日、米InfobloxのネットワークIDアプライアンスサーバの販売を1月10日から開始すると発表した。

 InfobloxのネットワークIDアプライアンスサーバは、IPアドレスの割り当てや認証を行うDNS、DHCPを併せ持つアプライアンスサーバ。独自OSにDNSとDHCPを統合したモジュール「DNSone」を搭載。

 グレードは小規模事業者からデータセンター向けなど、用途や規模に応じて4種類が用意されている。2007年2月にはRADIUS機能を持つモジュールも搭載予定という。

 価格は100万円から。初年度1億円の売り上げを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!