日本ユニシス、全社でISMSの国際規格認証を取得

CNET Japan Staff 2007年01月10日 23時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシスは1月9日、全社でISMS(Information Security Management System:情報セキュリティマネジメントシステム)認証基準の国際規格「ISO/IEC27001:2005」と国内規格「JIS Q 27001:2006」の審査を終了し、2006年12月25日に認証を取得したことを発表した。

 対象となったのは、本社および3支社(大阪・名古屋・福岡)、6支店(札幌・仙台・新潟・静岡・金沢・広島)、4センター、5事務所。ISMS審査登録機関は、ビーエスアイジャパン。

 同社は、2001年10月に情報セキュリティ関連の「BS7799」を認証取得し、2002年5月に日本国内の「ISMS適合性評価制度」の認証を受けている。また2006年10月にITサービスマネジメントの「ISO/IEC20000」の認証を取得している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!