アートソフト、リアルタイムで把握できるコールセンター運営管理システム

WebBCN(BCN) 2007年01月15日 12時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アートソフト(菊池三郎社長)は1月11日、業界初の「管理ポータル機能」を搭載したコールセンター統合運営管理システム「ArtFront バージョン3.0」を1月19日に発売すると発表した。価格はサーバーライセンス、クライアントライセンスともにオープン。

 最新版では、運営状況表示ポータルシステム「Current Board(カレントボード)」、優先コール配信「Art CTI」、休暇管理「Vacation Manager」、従業員意識調査「Employee Survey」の4つのモジュールを新たに追加。さらに、人員のスキルアップ・トレーニング向けに、通話録音システムと連携してさまざまなパターンの通話内容を評価し、実践的に再利用できる接続オプションを追加した。

 「Current Board」は、コンタクトセンター全体の運営状況を、問い合わせ内容に応じて業務ごとに一覧表示できるシステムで、「Seat Manager」とあわせて、わずか2画面で現在発生しているコール(問い合わせ)に対する処理状況をリアルタイムで把握することができる。

アートソフト=http://www.artsoft.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!