DNP、ICタグ認証でパソコン画面の盗み見を防止するセキュリティシステム

WebBCN (BCN) 2007年01月16日 10時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は1月15日、ICタグの認証でパソコン画面をロックし、第三者による盗み見を防止するセキュリティシステム「HandyLock」を1月中旬に発売する。

 管理用ソフトとWindows常駐型の画面ロックソフト、ICタグリーダー、ICタグで構成。パソコンに画面ロックソフトをインストールし、ICタグリーダーを接続して利用する。

 Windowsのログオン後、自動的に画面ロック状態に移行する。パソコンに登録したICタグをリーダーにかざしてロックを解除すれば、通常通り使用できる。席を離れる時はリーダーからICタグを取り外して画面をロックし、第三者による盗み見を防止する。

 価格は100台のパソコンを300人の従業員で共用する場合で128万円。管理ソフト(1ライセンス)、画面ロックソフト(100ライセンス)、ICタグリーダー(100台)、ICタグ(300枚)を含む。また、個人や小規模企業向けに、画面ロックソフトとICタグリーダー、ICタグ3枚を組み合わせたスタンドアロン版も提供する。価格は9800円。07年度で導入企業数300社、売上1億円を見込む。

大日本印刷=http://www.dnp.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!