マイクロソフト、DBアプリ開発支援ツールの企業向けライセンスを提供

CNET Japan Staff 2007年01月16日 19時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 マイクロソフトはこのほど、開発ツールの新製品「Microsoft Visual Studio 2005 Team Edition for Database Professionals 日本語版」に、MSDN Subscriptionを付属した製品「Microsoft Visual Studio Team Edition for Database Professionals with MSDN Premium Subscription」の提供を2月1日から開始すると発表した。

 Visual Studio 2005 Team Edition for Database Professionalsは、データベース(DB)技術者がDB開発において適切な変更管理と品質向上のための取り組みを実践できるように、DB変更管理やDBテストの支援機能、およびDBのオフライン開発機能を提供する最新の開発ツールだ。

 MSDN Subscriptionは、Windows環境におけるソフト開発を行う開発者をサポートするサービス。必要となるVisual Studioのエディションに組み合わせてVisual Studio with MSDN Subscriptionとして購入できる。また、Visual Studio with MSDN Subscriptionでは契約期間に応じて、一定期間にわたりサービスを提供することになる。

 Visual Studio Team Edition for Database Professionals with MSDN Premium Subscriptionは、Visual Studio 2005 Team Edition for Database Professionalsに対してMSDN Premium Subscriptionを組み合わせたものだ。Visual Studio 2005 Team Edition for Database Professionalsのソフトはもちろん、契約期間を通じて開発ツールやOS、サーバ、SDKなど開発に必要な幅広いマイクロソフト製品を提供する。

 マイクロソフトボリュームライセンスで、法人向けに提供。6月30日までの期間、優待価格が適用されるキャンペーンを実施する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!