要件管理ツール「Borland CaliberRM」の最新版--Eclipse 3.2などに対応

ニューズフロント 2007年01月19日 19時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボーランドは、要件管理ツールの最新版「Borland CaliberRM 2006 日本語版」の販売を開始した。価格は25万2000円(1指名ユーザーライセンス)からとする。

 CaliberRMはビジネスや業務、運用に関する要件を一元管理するツール。ソフト開発における要件の管理と要件間の紐付けを、動的かつ視覚的に設定できる。要件変更時には、変更対象要件とそれに関連するほかの要件への影響を把握できるため、安全かつ効率的な要件変更が可能。

 最新版は、ソフト開発環境「Eclipse 3.2」「Visual Studio 2005」「Visual Studio 2005 Team System」内で、要件の収集、追跡、管理が行えるようになった。テスト管理ツール「Borland SilkCentral Test Manager」や「Mercury Quality Center」を利用すると、要件とテスト情報を連携できる。

 CaliberRMの要件項目にOLEオブジェクトの挿入が可能となり、Excelの表やグラフ、Visioの図などを要件として取り込める。要件と要件、要件と成果物の関連付けをするトレース機能も強化した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?