日本HP、Windows XP搭載の法人向けノートPC、XP継続利用を想定して投入

WebBCN (BCN) 2007年01月19日 11時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(小田晋吾社長)は1月18日、OSにWindows XPを搭載した法人向けノートPC「HP Compaq 500 Notebook PC」を発売した。価格は7万3290円。新OS「Windows Vista」発売後も既存の環境を使い続けたい企業を対象に拡販を図る。

 Vistaの前のOSのWindows XPでは、発売3年後でも企業内の利用は約30%にとどまっていたことから、同社では、今回も現行OSを利用する企業が多いと判断。XP搭載モデルを販売することとした。

 「HP Compaq 500 Notebook PC」は、WXGA対応の14.1インチワイド液晶を搭載したA4ノートPC。新型きょう体を採用し、光学ドライブを内蔵しながら2.2kgの軽量を実現した。仕様は固定で、Celeron M 360(1.40GHz)、256MBのメモリ、40GBのHDD、DVD-ROM/CD-RWコンボドライブなどを搭載する。

日本ヒューレット・パッカード=http://welcome.hp.com/country/jp/ja/
「HP Compaq 500 Notebook PC」=http://www.hp.com/jp/HP500

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから