NTTグループ、NGNフィールドトライアルの一般モニタを募集

吉澤亨史 2007年01月19日 19時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTグループは、NGN(次世代ネットワーク)のフィールドトライアルのモニタ募集を1月18日から開始した。募集人数はNTT東日本が最大約600人、NTT西日本が最大約100人。

 このフィールドトライアルは、NGNの本格的な商用サービスの開始に向け、技術確認とユーザーの要望を把握するために行うもので、2006年12月から開始されているもの。4月からは一般ユーザーにもフィールドトライアルを拡大するため、今回の募集となった。

 モニタは、NTTグループより無料貸与されるホームゲートウェイ、高品位フレッツフォン、テレビ電話用接続機器、高品質IP電話機、セットトップボックスを実際に使用し、光ブロードバンドアクセスやテレビ電話、IP電話、ハイビジョン映像配信などを利用する。なお、PCやテレビ、アナログ電話機はモニタが準備する。

 フィールドトライアルのモニタ期間は4月から12月の予定で、サービスはトライアル参加事業者によって順次追加されるという。サービスの提供はNTTコミュニケーションズ、NECビッグローブ、10社のISPが行う。実施エリアは東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪の合計13収容局となっている。

 モニタ応募はNTT東日本およびNTT西日本から申し込みを行う。なお、応募条件として利用場所がフィールドトライアル実施エリアにあること、モニタ期間を通して、サービスを日常的に利用できること、NGNの機能検証やアンケート調査などに協力できることが挙げられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?