PFU、機能強化したドキュメントファイリングソフト「楽2ライブラリ パーソナル V4.0」を発売

仲田玲子 2007年01月22日 21時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PFUは1月18日、ドキュメントファイリングソフトウェア「楽2ライブラリ パーソナル(らくらくライブラリ パーソナル)」の機能を強化し、「楽2ライブラリ パーソナル V4.0」として2月10日より販売すると発表した。

 楽2ライブラリ パーソナルは、紙文書や電子データを電子バインダに一括ファイリングし、パラパラめくりで閲覧できる紙文書電子化ツール。書棚やバインダを再現したわかりやすいGUIを利用し、日常のファイリング手法をそのままパソコンに取り込んだ。

 楽2ライブラリ パーソナル V4.0では、Windows Vistaに対応するとともに、ファイルの編集作業と紙文書の電子化作業を効率化した。新機能として、ページの束ね、ばらし、分類といった編集作業が効率的にできる「作業デスク機能」を加え、日常の文書管理を再現したリアルなGUIをさらに進化させた。

 また、コンパクト両面カラースキャナー「ScanSnap」からの取り込み機能を拡大し、スキャニング時にデータを取り込む電子バインダを指定することで、楽2ライブラリを起動することなく、指定した電子バインダに紙文書を直接取り込める。さらに、インデックス単位でページのコピーや移動、削除を可能とし、スタンプ機能などが追加された。

 受注は1月18日より開始。販売目標として、1年間で2万本を掲げている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!