アライドテレシス、低価格なレイヤ2インテリジェントPoEスイッチを出荷

CNET Japan Staff 2007年01月22日 21時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アライドテレシスは1月22日、低価格なレイヤ2インテリジェントPoEスイッチ「CentreCOM FS926M-PS」の出荷を1月29日から開始すると発表した。

 新製品は、10/100BASE-TXポートを24ポート、10/100/1000BASE-Tポートを2ポート装備。10/100BASE-TXの全ポートがIEEE 802.3af準拠のPoE機能に対応する。供給可能な電源はクラス4までサポートし、クラス2受電機器であれば全ポート同時に7.0Wの電源供給が可能だ。オプションのSFPモジュールを追加すると、1000BASE-SX、1000BASE-LX、長距離対応の1000Mbps光ポートを実装することもできる。

 機能面では、IEEE 802.1Q準拠のタグVLAN、ポートベースVLAN、マルチプルVLANに対応。IEEE 802.1p準拠のQoS機能をサポートする。また、802.1X認証機能をサポートし、Basic EAP認証/SupplicantモードでLANにおけるユーザー認証も可能だ。認証方式はMD5をサポートする。

 価格は18万8000円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから