NTTデータ、川崎市のSOA実装システム連携基盤を構築

CNET Japan Staff 2007年01月22日 22時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータは1月22日、川崎市の行政サービスを支えるシステム連携基盤を構築し、同日より運用を開始したと発表した。

 今回構築したシステム連携基盤は、川崎市の各業務システムを一体的に機能させるためのシステムだ。同市が推進する電子行政サービス充実のため、SOAに基づいて個別の業務システムの持つ機能やデータを切り出し、情報システム全体として共通的に利用できる環境を提供。業務システム間の柔軟な機能連携・情報連携を実現する。

 導入による効果として、機能・データの共通化による効率化、行政サービスの変更などに柔軟かつ効率的に対応できること、特定ベンダーに依存しないシステム運用の実現などを見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!