NEC子会社と日立子会社、C言語対応システムLSI設計環境の強化で連携

ニューズフロント 2007年01月23日 18時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECシステムテクノロジーと(NECST)日立情報通信エンジニアリングは1月23日、C言語ベースのシステムLSI設計環境「CyberWorkBench」と試作開発プラットフォーム「LogicBench」を連携させ、システムLSIの設計・検証環境を強化すると発表した。

 CyberWorkBenchは、NECSTのシステムLSI設計環境。動作合成から形式検証に至るシステムLSI設計の全工程を、C言語で実行できる。一方LogicBenchは、日立情報通信のシステム試作開発用プラットフォームだ。

 まず、NECSTはCyberWorkBenchの検証環境にLogicBenchを追加し、システムLSI検証環境の強化を図る。日立情報通信は、LogicBenchの対応プラットフォームにCyberWorkBenchを加え、アルゴリズム設計からFPGA試作までカバーできる検証プラットフォームを提供する。

 こうした強化策により、1000万ゲート以上という大規模システムLSIの論理マッピングが可能となる。さらに、LogicBenchとPCを連動させるPCI拡張ボード「VirtualTurbo」を利用すると、モデル検証を従来に比べ数100倍速い数10MHzに高速化できるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから