NEC、Express5800/100シリーズでマルチコアCPU搭載モデルを拡充

CNET Japan Staff 2007年01月24日 19時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは1月23日、同社のサーバ製品「Express5800/100シリーズ」に、インテルの最新CPU「クアッドコア インテル Xeon プロセッサ」搭載モデルを追加すると発表した。同日より販売活動を開始する。

 新製品は、現行製品と比較して基本性能を最大5倍に向上。マルチコアCPU搭載モデルの拡充により、データベースの高速処理や複数アプリケーションの同時利用といったニーズに応える考えだ。

 中小企業向け製品として、オフィスのデスク上にブックエンドとして設置可能なスリム型サーバ「同/110Gd-S」、冷却システムに水冷方式を採用した静音設計の「同/110Gc-C」、筐体前面にUSBポートを装備し、HDDを最大4台まで拡張できるエントリーサーバ「同/110Gd」も商品化した。加えてMicrosoft Windows Server 2003 R2/Red Hat Enterprise Linux v4.0搭載モデルもラインアップしている。

 価格は、ローエンドの110Gdが4万2000円から。ハイエンドの120Ri-2が52万円から。水冷式の110Gc-C(12万1000円から)は2月9日から、そのほかは1月26日から出荷する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR