日立、SANRISE Adaptable Modular Storageの最上位モデルを性能強化

CNET Japan Staff 2007年01月24日 20時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所の情報・通信グループは1月23日、ミッドレンジディスクアレイサブシステム「SANRISE Adaptable Modular Storage(SANRISE AMS)」シリーズの最上位モデル「SANRISE AMS1000」の処理性能を20%向上させたと発表した。

 今回の性能強化では、データ処理におけるコントローラ内部を強化。サブシステムのトランザクション性能を向上させた。入出力負荷の増大時の安定性や、キャッシュパーティショニング機能における処理性能の維持、ディザスタリカバリシステムとしての安定性などのメリットがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!