シスコ製「iPhone」にGPL違反--オープンソースコミュニティーが非難

文:Marguerite Reardon(CNET News.com) 翻訳校正:藤原聡美、福岡洋一 2007年01月25日 18時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この2週間ほど、Linksys製「iPhone」がオープンソースコミュニティーから激しい非難を浴びている。Loohuis Consultingのコンサルタントでソフトウェア研究者のArmijn Hemel氏が、Linksysは同社製のIPフォン、つまりiPhoneに含まれるいくつかのコンポーネントのソースコードを公開していないと非難したのが発端だ。iPhoneはオープンソースのOSである「Linux」をベースにしているため、こうした行為は「GNU General Public License」(GPL)違反にあたる。

 Cisco Systems(LinksysはCiscoの傘下)のグローバルメディア事業部門で上級マネージャーを務めるJohn Earnhardt氏は、Ciscoの公式ブログで、いくつか寄せられたクレームのうち、少なくとも「iPhone WIP300」モデルのGPL遵守に関する問題の1件については解決に向けた措置をとったと述べ、そのほかの問題についても調査を進めているところだと書いた。最後に、この問題を取り上げたHemel氏に対する謝辞も述べた。Earnhardt氏はまた、オープンソースコミュニティーに向かって、Ciscoへの協力も呼びかけている。

 「オープンスタンダードに従うことは、われわれにとって非常に重要なことであり、われわれは、われわれが利用するオープンソースライセンスの条件をすべて確実に満たしていくために、今後も必要な行動をとり続ける」と、Earnhardt氏はブログに記している。

 Ciscoは現在、iPhoneの商標権侵害でAppleを提訴している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?