日本コンピュウェア、開発環境「Uniface 9.1」英語版を販売開始

CNET Japan Staff 2007年01月25日 19時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本コンピュウェアは1月24日、企業アプリケーションの開発、更新、統合を行うための開発環境の新版「Uniface 9.1」英語版の出荷を開始した。

 新版では、ウェブ開発環境を統合。Windows VistaへのサポートやUnicode対応、ユーザビリティの強化が図られている。ウェブ、Windows、UNIX、メインフレームを含む業務アプリケーションの開発および導入を効率化するための新機能も追加されている。

 最小構成で64万4000円(税別)からとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから