富士通、自動車業界向け製品環境情報管理システムを販売開始

CNET Japan Staff 2007年01月29日 07時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通と富士通長野システムエンジニアリング(FNS)はこのほど、自動車部品サプライヤー向けの環境情報管理システム「PLEMIA/ECODUCE Automotive Edition (プレミア/エコデュース オートモーティブ エディション) 」の出荷を開始した。

 同システムでは、部材の化学物質含有量などの環境データの一元管理が可能。日本自動車工業会のグリーン調達のための統一調査データシートに対応するため、環境配慮型製品設計やグリーン調達調査・報告の効率化を実現できる。

 また両社は、欧州ELV指令に対応する自動車部品の材料および含有物質データベース「IMDS(International Material Data System)」に対応するオプション製品「PLEMIA/ECODUCE Automotive IMDS Option(アイエムディーエス オプション)」の出荷も開始する。

 価格は、PLEMIA/ECODUCE Automotive Editionが600万円より。PLEMIA/ECODUCE Automotive IMDS Optionが300万円より(いずれも税別)。今後3年間で500ライセンスの販売を目指す。

スクリーンショット PLEMIA/ECODUCE Automotive Editionのスクリーンショット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから