アシスト、ウェブサイトCMS「NOREN」のパートナーコンソーシアムを発足

CNET Japan Staff 2007年01月29日 14時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アシストは1月26日、韓国製CMSで同社が国内の独占販売権を持つ「NOREN4 Content Server(NOREN)」のパートナー制度を刷新し、2月にパートナーコンソーシアムを発足させると発表した。

 今回の制度改正では、顧客企業の運営するシステムとウェブサイトとの連携や新規Webサービス構築を行う「WebService Plus」(ウェブサービスプラス)パートナーを新設するなど、NORENの付加価値を向上させるパートナーシップの拡充も図る。

 パートナー制度の充実により、2007年12月までに100社への新規導入を目指す。

 これまで、アシストは11カ所の営業拠点から地域密着型の直接販売を行うほか、「NORENパートナー・プログラム」というパートナー制度に参画する販売パートナー、NORENを利用しウェブサイト構築を中心に行う開発パートナー30社がNORENビジネスを支援してきた。

 NORENは、2002年10月から2006年末までの約4年で、製造、流通、サービス、金融、公共など大手企業206社に採用されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR