サイバーエージェント、Salesforceを導入--営業業務の生産性が31%向上

CNET Japan Staff 2007年01月30日 20時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セールスフォース・ドットコムは1月29日、サイバーエージェントが同社のオンデマンドCRM「Salesforce」を導入したことを発表した。

 サイバーエージェントでは、営業担当者個人ベースで日々の売上管理は行っていたものの、個々の案件ごとの売上データは基幹システムに蓄積されていたため、月次売上の締日後でなければ最新の売上情報が取得できず、リアルタイムの情報取得が困難な状態にあった。

 そこで同社は2006年2月、Salesforceを導入。個々の営業案件の経過・結果を、取扱商材ごとに各営業担当者の営業活動とひも付け、売上管理も含めた進捗をリアルタイムに把握できるようにした。

 売上データが即時に把握できるようになったことで、以前は3人のスタッフが集中的に行っていた月末時の売上データの集計業務を、1人が短時間で行えるようになるなど、営業業務の生産性が31%向上。新システムは、売上の38%アップにも貢献した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!