NTT-AT、低価格なID管理ツール「Q-pID OSS」を開発--DBにPostgreSQL採用

CNET Japan Staff 2007年01月31日 00時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は1月29日、オープンソースのデータベース(DB)を採用したオールインワンのID管理製品「Q-pID(キューピッド)OSS」を開発したことを発表した。

 Q-pID OSSは、DBにPostgreSQLを採用。小規模から中・大規模のID管理までをカバーし、オールインワンパッケージで24万8000円(税別)で提供する。PC1台でクライアントとサーバの両機能を動作させられることが特徴で、スタンドアロン構成から、クライアント/サーバ構成までに対応できる。

 標準構成には、管理用PC、QRコードリーダ、アプリケーションCD、ラベルプリンタが含まれる。

 2月1日から販売を開始。初年度4000万円の売り上げを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!