ソフトブレーンのグループ会社、シンクライアントパッケージを提供開始

CNET Japan Staff 2007年01月31日 10時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトブレーンのグループ会社であるソフトブレーン・インテグレーション(SBI)はこのほど、新しいシンクライアントソリューションパッケージ「ビジネス・ゲート」の提供を開始した。年内に30社、1万クライアント以上への導入を目指す。

 ビジネス・ゲートは、SBIのMVNO(Mobile Virtual Netwaork Operator、仮想移動体サービス事業者)事業におけるノウハウをベースに、シンクライアント導入コンサルティングから、サーバ・システム構築、ネットワーク構築、回線サービス、端末の運用管理までをワンストップで提供するサービス。

 1万5000以上のアクセスポイントがある公衆無線LANを定額で使い放題にし、さらにデータ通信カードをパッケージングすることで、シンクライアントPCとモバイルブロードバンド環境もパッケージした。また、コールセンターやコンタクトセンター向けにはDSLや光回線を利用した閉域網などの固定ブロードバンド環境もパッケージングされている。

 販売開始と同時にビジネス・ゲートのデモ環境を用意。シンクライアント端末にサイボウズ・メディアアンドテクノロジーの「Nexterm」、沖縄電力グループのファーストライディングテクノロジーのデータセンター(沖縄県浦添市)にアプリケーションサーバを設置、アプリケーションとして、「Exchange Server 2007」「Windows Server 2003」「2007 Microsoft Office System」、ソフトブレーンの「eセールスマネージャー」を実際に見て触れる環境をソフトブレーン東京本社に設置している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR