ブロードリーフ、携帯電話販売代理店向け販売管理ソフトの最新版「携帯7PRO」を発表

CNET Japan Staff 2007年01月31日 10時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブロードリーフは1月31日、携帯電話販売代理店向け販売管理ソフトの最新版「携帯7PRO(Windows対応)」の販売を、2007年2月1日より開始することを発表した。

 携帯7PROは、携帯電話販売店での聞き取り調査や市場調査をもとに店頭、店舗運営/管理者の業務改善、在庫リスクの低減を目的に開発されたパッケージソフトウェア製品。分かりやすい操作性、携帯業界に特化したノウハウの搭載、豊富な分析資料、高いセキュリティが特長となっている。

 同製品により店頭スタッフは、直感的な操作が可能なインターフェースにより、来店客の待ち時間を短縮するなど店頭業務の効率化が可能。また、店舗運営/管理者に対しては、リアルタイムデータによる正確な仕入/在庫管理、価格設定および販売方法(割賦)など、頻繁に変化するキャリア側の施策への柔軟な対応を実現する。

 標準価格は本部用(サーバ1台、端末2台込み)が180万円より、店舗用が80万円より、追加クライアントが20万円より(すべて税別)。従来シリーズである「携帯7」は、10年間で800店への納入実績があるという。ブロードリーフでは、初年度400店への販売を目指している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから