商工会議所青年部公式グループウェア「イーデスク3」が発売開始

目黒譲二 2007年01月31日 18時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフト開発のイー・デスクは1月30日、ASP型グループウェア「イーデスク3」の発売を開始した。

 イーデスク3は、商工会議所青年部に所属する中小企業の経営者と連携して開発された、中小企業のためのグループウェア。全国商工会議所青年部(YEG)約270組織・約1万4000人の運用実績があり、日本YEG公式グループウェアとなっている。総開発費は2億円という。

 標準的なグループウェア機能のほか、複数の組織にまたがったスケジュールの一元管理ができ、取引先とのプロジェクト単位での利用も可能。

 料金は、初期費用が9450円、基本料金が月額945円からとなっており、契約期間は6カ月または12カ月。初期アカウント数は2人、6人、10人の3プランがあり、追加アカウントは10人単位で月額2100円、追加データ容量は1Gバイト単位で月額2100円となっている。なお、3月31日まで初期費用が無料となる発売記念キャンペーンを行う。

画面 イーデスク3のスクリーンショット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR