コグノスと松下システムソフト、コンサルティングパートナー契約により経営の可視化を支援

CNET Japan Staff 2007年01月31日 20時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コグノスと松下システムソフトは1月31日、ビジネス・インテリジェンス(BI)やコーポレートパフォーマンス管理(CPM)ソリューションを構築し、経営の可視化を支援することを目的に、コンサルティングパートナー契約を締結したことを発表した。

 この発表により松下システムソフトは、「Cognos 8 Business Intelligence」をはじめとするコグノスのBIおよびCPM製品群を活用して、製造、流通、物流業界をはじめ、金融/保険業界に対し、業務プロセスや経営状況におけるリアルタイムの可視化やJ-SOX対応を推進する。

 松下システムソフトは、BI/CPMソリューション構築を今後のビジネスの主要な柱のひとつに位置づけ、BI技術者の育成を強化する。2007年には約40名をBI技術者として育成する計画。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR