図研ネットとエントラスト、ユーザー認証方式でのセキュリティを強化

CNET Japan Staff 2007年02月01日 19時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 図研ネットウエイブとエントラストジャパンはこのほど、企業ネットワークへのよりセキュアなリモートアクセスを実現するために協業することを発表した。

 今回の協業で両社は、図研ネットウエイブのネットワークアイデンティティ管理アプライアンス「Ignition」と、エントラストジャパンの認証強化プラットフォーム「Entrust IdentityGuard」、およびUTM製品「FortiGate」のIPSec、VPN認証、ファイアウォール認証機能を組み合わせたシステムを検証。

 マトリックス認証でセキュリティを強化したリモートアクセスにより、アクティブディレクトリやLDAPなどの認証基盤で認証をおこなう動作を確認した。

 今後両社は、販売促進活動で協力する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!