「Salesforce」で複雑な見積作成ができるソフトが発表--AppExchange利用

CNET Japan Staff 2007年02月01日 22時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セールスフォース・ドットコムとシンコム・システムズ・ジャパンは1月31日、「Salesforce」上で複雑な見積作成を可能にする「Cincom 見積エキスパート for AppExchange」を発表した。

 同製品は、シンコムが2000年から提供しているナレッジベースの見積ソリューション「Knowledge Builder(ナレッジ・ビルダー)」を「AppExchange」対応したもの。Salesforceと連携したことで、製品構成や販売チャネルが多岐にわたる複雑な見積も、フローに従って項目を選択していくだけで、短時間で容易に作成することが可能だ。

 Salesforceにも見積作成機能は搭載されているが、同製品を利用すると、顧客情報管理、商談管理、見積管理、売上管理に至る一貫したワークフローで営業管理を行う複雑な見積を作成できるようになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!