日本HP、次世代ネットワークのビジョン「Adaptive Networks」を発表

CNET Japan Staff 2007年02月06日 15時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2月2日、HPのネットワーク製品群「ProCurve Networking by HP(ProCurve)」を通じて実現する次世代ネットワークに関するビジョン「Adaptive Networks(アダプティブ・ネットワークス)」構想を発表した。

 Adaptive Networks は、HPが企業ネットワークの基本アーキテクチャとして提唱している「Adaptive EDGE Architecture (アダプティブ・エッジ・アーキテクチャ)」を包括する新しいビジョン。Adaptive EDGE Architectureに基づいて企業全体のネットワークを構築することにより、ネットワークを単なるインフラから「戦略的な資産」としてのネットワークへと変えていくことを目指すという。

 日本HPでは、「Adaptive to users:多様化するユーザーに対する適応力」「Adaptive to applications:さまざまなアプリケーションへの適応力」「Adaptive to the needs of organizations:組織のニーズに対する適応力」の3つを備えたネットワークをAdaptive Networksとしており、その実現を訴えていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?