セールスフォース、ExcelでSalesforceを操作できるサービス--AppExchangeで提供

ニューズフロント 2007年02月05日 21時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セールスフォース・ドットコムとvow.comは2月5日、オンデマンド顧客管理(CRM)サービス「Salesforce」とMicrosoft Excelを連携させる製品「ObjectIN for AppExchange」の提供を開始した。税込み月額価格は、1ライセンス当たり3150円とする。

 ObjectIN for AppExchangeは、オンデマンドアプリケーションのプラットフォームである「AppExchange」で提供される、Salesforceの「Enterprise Edition」向けのサービスだ。ユーザーインターフェースとしてExcelを採用し、Salesforceのデータベース更新や情報検索などをExcelから操作できる。動作環境はWindows XP Professional、SMXML Parser 6.0、Microsoft .NetFrameWorks 2.0、Microsoft IIS 5.0、Microsoft Excel 2000以上となっている。

 SalesforceからExcelシートへのデータ自動取り込みも可能で、セールスフォースでは「見積書、営業報告書、営業指標グラフなどの定型書類を作成しやすくなる」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから