MIJS参加企業のアプリケーション連携の中核となるアプレッソの「DataSpider」

増田千穂(ロビンソン) 2007年02月06日 15時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 企業内には、共通するデータ、連動すべきデータが多数散在する中で、データ連携の重要性が注目されている。データ連携を簡易に、また適切に行うものとして、MIJSではアプレッソのデータ連携ソリューション「DataSpider」を活用する。2月1日に開催された「MIJSカンファレンス Japan 2007」の製品連携トラックでは、MIJS参加企業のひとつであるアプレッソの代表取締役副社長を務める小野和俊氏が「SOA基盤によるアプリケーション連携」をテーマに講演した。

アイコンを並べるだけでSOA連携を実現する「DataSpider」

 アプレッソは2000年の創業以来、企業内に散在するデータや情報をサービスとして連携させる環境構築をノンプログラミングで実現するDataSpiderを核としたビジネスを行っている。

 DataSpiderは、アイコンを並べるだけでさまざまなデータソースに対してアクセスすることを可能にする統合開発環境ツール。スクリプトのプロジェクト管理や、実行履歴、実行ログなどが一覧でき、容易に開発がおこなえるのが特徴だ。

アプレッソの小野氏 アプレッソの代表取締役副社長、小野和俊氏。

 異なるデータフォーマットの変換は、マッパーを利用して項目同士をリンクさせ、条件設定などをおこなうロジックアイコンを利用する。また、分岐処理などもロジックアイコンで対応し、データ連携フローもアイコンベースでグラフィカルに設計して可視化することができる。

 「大学時代にアルバイトでプログラミングをするうちに、複数システムの連携や別システムのデータを参照することが難しく、非常に手間がかかることが気になった。これを簡単にしたいというのが開発のきっかけとなった。ノンプログラミングでできるというと、ごく簡単なことしかできないだろうと思われることが多いが、もともとビジネスで利用されることを想定して作っているため、十分実用的になっている」(小野氏)

 DataSpiderは、MIJS参加企業の各ソフトウェアを接続する、データ連携の中心的な存在になるものとして位置づけられている。DataSpiderにより、システムを必要に応じて個別に接続する従来のピア・ツー・ピアの方式から、連携エンジンを共通のバスで設定できるSOA(サービス指向アーキテクチャ)型の仕組みに移行できる。各システムは、共通バスに接続するためのインターフェース(アダプタ)をひとつ持つだけで、複数のシステムからのデータを受け取れるようにすることが可能になり、効率的なデータ連携が実現される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!