日商エレ、内部統制“3点セット”の作成・管理ソフトを販売

CNET Japan Staff 2007年02月07日 20時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日商エレクトロニクスはこのほど、ソフト開発のケイ・ジー・ティーが開発した内部統制リスク管理のための業務管制塔ソフト「Ci-Tower」の販売活動を開始すると発表した。

 Ci-Towerは、内部統制の文書監査に使用する必須3点セット(業務記述書、業務フロー、リスクコントロールマトリックス)の文書化から、文書化に関わるあらゆる作業(文書作成、自己点検、承認、リスク評価、内部監査、メンテナンス)までを実現するツール。Microsoft Office VisioやMicrosoft Office Excelと連携できる。

 同ソフトは、従来の文書化機能のみのツールと比べ、バージョンアップのたびに行わなければならない他ソフトとのデータ連携作業が必要ないという。また、文書化するクライアントPCは、サーバ版を購入すれば無制限に使用できることから、導入コストを大幅に低減できる。Internet ExplorerがインストールされているPCであれば、特別なモジュールを追加しなくても使用できる。

 同社では、ウェブベースのERPパッケージ(統合業務パッケージ)「Grandit」を販売しており、日本版SOX法に対応したCi-TowerとGranditを組み合わせることで、企業の業務改善を提案していく

 価格は、Ci-Tower BPM Desktop版が5万円から、Ci-Tower BPM エンタープライズパッケージ版は350万円から。年間30セットの販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!