WAN高速化製品のリバーベッド、本社内に検証センターを設置

CNET Japan Staff 2007年02月07日 20時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リバーベッドテクノロジーはこのほど、WANを経由するアプリケーションの最適化を支援する検証センター「リバーベッドベリフィケーションセンター」を本社内に開設したことを発表した。

 同施設は、WDS(Wide-area Data Service)によって最適化されるソリューション製品を備え、実運用に近い環境でWindowsファイル共有(CIFS)、エクスチェンジ(MAPI)、NotesやバックアップリカバリなどのWANを経由するアプリケーションの動作検証を実施できる。

 リバーベッド製品の販売契約を締結している代理店、リバーベッドのSteelheadアプライアンスとの組み合わせでビジネスを展開するシステムインテグレーター、アプリケーションプロバイダー向けに予約制で開放される。

 設置機材は、Steelheadアプライアンス(100, 1020, 5520, 6020)、Interceptorアプライアンス、Central Management Console(CMC)、NEC WanBoosterアプライアンス(2020, 3520)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!