マイクロソフト、DBアプリ開発支援ツール日本語版を開発完了

CNET Japan Staff 2007年02月06日 22時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは2月5日、データベースアプリケーション開発を支援する開発ツールの新製品「Microsoft Visual Studio 2005 Team Edition for Database Professionals日本語版」の開発を完了したことを発表した。

 今回の新版では、新たにスキーマに対する「データベース変更管理支援機能」をはじめ、「データベーステスト支援機能」「オフライン開発機能」などが追加された。

 企業・法人向けに「マイクロソフトボリューム ライセンス」を通じて3月1日から販売し、個人向けには3月23日からパッケージ販売を開始する。

 参考価格(税別)は、ボリュームライセンスの「Select レベルA」が44万2300円、「OPEN Business」が58万5000円。パッケージ版の「通常版」が75万円、「更新パッケージ」が31万5000円。

 6月30日までは法人向けキャンペーンを展開し、Visual Studio Team Edition for Database Professionals with MSDN Premium SubscriptionとSQL Server 2005 Enterprise Edition、もしくはStandard Editionのライセンス&ソフトウェアアシュアランスを同時に新規購入すると優待価格が適用される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!