ソーシャルカレンダー「c2talk」がバージョンアップ--Vistaに対応

吉澤亨史 2007年02月07日 19時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インフォテリアは2月6日、無料のソーシャルカレンダーソフト「c2talk」の最新版として1.3正式版の提供を開始した。

 c2talkは、カレンダー画面にネット上のさまざまな情報と社内や個人的な情報をマッシュアップして活用できるソーシャルカレンダーソフト。WindowsとMac OS Xに対応しており、特定の相手にカレンダーの情報を公開することもできる。

 最新版では、Vistaに対応したほか、特別なセキュリティ制限がある企業の環境などにも対応した。これにより、より多くの利用環境から安全にc2talkを利用できるようになった。また、携帯電話からc2talkのカレンダーの閲覧や、イベントの書き込みにも対応した。イベント情報の共有も可能だ。

 また、ブラウザを起動することなくc2talk上から「カレンダーギャラリー」にアクセスし、好みのカレンダーを取り込めるようになった。カレンダーには壁紙機能も追加されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!