「2006年は社長に就任して18カ月で最高の業績と成長」--SAPジャパンのエンスリン社長

山下竜大(編集部) 2007年02月07日 00時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPジャパンは2月6日、2006年度の同社ビジネスの総括と2007年度に向けた戦略についてプレス向けに紹介する説明会を開催。2006年度に立案した戦略を2007年度に実践していくことを明らかにした。

 同社の代表取締役社長、Robert Enslin氏は、「2006年度は、SAPジャパンにとって非常に好調な1年だった。日本法人の社長に就任して18カ月で最高の業績と成長を実現できた」と話す。2006年度通年のソフトウェアライセンス売上は、対前年比8%増の1億3100万ユーロ(約204億円)。為替変動分を除いた対前年比は17%増となっている。

SAPのロバート・エンスリン氏 SAPジャパンの代表取締役社長、Robert Enslin氏。

 「この成長は、企業の買収や合併により得た売上ではなく、自然に成長した売上であることが重要なポイントだ。中でも中堅・中小規模の企業向けビジネスが好調で、その売上は対前年比で43%成長している」(Enslin氏)

 これにより、SAPジャパンの顧客数は650社増の1950社となり、「パッケージソフトウェア市場シェアでは、市場の拡大よりも4倍早い成長を遂げている」とEnslin氏は言う。同氏はまた、「顧客満足度を調査した結果、SAPジャパン史上最高の結果を得ることができたほか、従業員満足度でも良好な結果を得ることができた」と話している。

 2006年度に好調なビジネスを達成できた要因は、「One Team(ワン・チーム)」のアプローチで中堅・中小規模の企業のビジネスに注力したこと、主要な業界で大きな案件を獲得できたこと、販売家庭における「Value Engineering」を活用したことなど。大規模企業向けには、「エンタープライズSOAが浸透してきたことも大きな要因のひとつ」(Enslin氏)としている。

 また、日本版SOX法の施行がビジネス好機の追い風になったこと、パートナーと共にビジネスプランの明確なターゲットを共有できたこと、新しい「Leadership Team」の編成なども2006年度の目標達成の要因となっている。

2007年度はより一層の顧客満足度得を……

 このような好調な2006年度のビジネスを受け、2007年度はより一層の顧客満足度の向上や大手企業向けビジネスのさらなる拡大、エンタープライズSOA分野におけるリーダーシップの確立などに注力していく計画だ。また、中堅・中小規模の企業向けにも、パートナーエコシステムの活用など、さらなるビジネスの推進を目指している。

 具体的なソリューションとしては、従業員の日常業務を支援する「SAP Applications for Information Workers」をはじめ、大規模企業向けのバックエンドを支える統合ERPソフトウェアの「SAP mySAP ERP 2005」、中堅・中小規模の企業向けソリューションである「SAP Business One」「SAP mySAP All-in-One」などを協力に展開する。

 さらに、エンタープライズSOAはもちろん、コーポレートガバナンスを支援する「SAP xApps for GRC」についても注力していく計画。ガバナンス、リスク、コンプライアンス管理では、標準化されたコンポーネントをビジネスプロセスに組み込むことで、GRCプロセスの自動化を実現する。

 「単なるドキュメント管理ではなく、GRCプロセスをコントロールできるソリューションを提供する」(Enslin氏)

 そのほかパートナー戦略では、支援するパートナーと対象となるソリューションの領域を大幅に拡大。2006年に実現した戦略的パートナーへの支援体制をすべてのパートナー向けに拡張するほか、グローバルなパートナープログラムの適応と展開を実施する。さらに、支援ツールの提供はもちろん、研修やマーケティング活動、案件の創出などをパートナーと共同で実施していく計画だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!