日商エレとミラクル、サーバ仮想化ソフトと「MIRACLE LINUX」の販売などで協業

ニューズフロント 2007年02月07日 21時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日商エレクトロニクスとミラクル・リナックスは2月7日、Linux OS「MIRACLE LINUX」とサーバ仮想化/管理ソフト「Virtual Iron」を組み合わせたソリューションの販売およびサポートで協業すると発表した。

 Virtual Ironは、米Virtual Iron Softwareの提供しているサーバ仮想化/管理ソフト。仮想インフラストラクチャの管理機構を含めた仮想化技術を提供する。1プロセッサソケット当たりの価格は、7万9800円。

 日商エレとミラクルは、Virtual IronのゲストOSとしてMIRACLE LINUXの動作検証を行ったほか、Virtual Iron/MIRACLE LINUX環境用の高速化ドライバを共同開発した。今後、ミッションクリティカル環境に適応可能な仮想化プラットフォームとして、共同で販売とサポートを行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから