きっとASPとエンカレッジ、シンクライアントの操作記録管理システムを展開

CNET Japan Staff 2007年02月08日 13時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 きっとエイエスピー(きっとASP)とエンカレッジ・テクノロジはこのほど、シンクライアント環境における内部統制の統合ソリューションを共同展開すると発表した。

 両社は、きっとASPのサーバサイドコンピューティング(SSC)ツール「GO-Global」とエンカレッジの「ESS REC」を組み合わせ、統制活動の徹底と、情報漏洩対策、および業務効率向上の達成を支援する。

 GO-Globalは、アプリケーションの稼動に合わせて呼び出されるAPIをアプリケーションサーバとクライアント間の制御に活用し、SSC環境では不得意とされてきたグラフィック描画性能を向上させている。

 ESS RECはシステム運用操作画面やアプリケーションの操作画面を動画で克明に記録し、不正や誤りを追跡・分析するトレーサビリティシステム。動画で操作画面を記録することで、通常のログでは実現できない記録を誰にでも判りやすい形で厳正に保存・再生することができる。

 この提携でエンカレッジでは、GO-Globalに対応した新製品「ESS REC for GO-Global」を2月15日に出荷する。予定税別価格は、5同時ユーザーライセンスで36万円。

 ESS REC for GO-Globalは、GO-Globalを用いたシンクライアント環境で、操作のすべての動画像を含む12種類の情報を時系列に記録し、操作内容を監査可能な状態にしておく。

システム構成 ESS REC for GO-Globalのシステム構成
※クリックすると拡大画像が見られます
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR