SBIホールディングスとFASTが提携--検索技術を金融に応用し「Web2.0金融」目指す

ニューズフロント 2007年02月08日 16時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SBIホールディングスと検索技術のノルウェーFast Search & Transfer(FAST)は2月8日、FASTがSBIホールディングスの100%子会社SBI Roboに出資し、合弁会社として運営していくことで合意した。

 FASTは、自社開発の検索技術をサービス化して販売しており、世界各地で3600社以上が利用しているという。従業員数は870人強で、欧州、米国、アジア、オーストラリア、中南米、中近東に拠点を持つ。2006年の売上高は、1億6200万ドルだった。

 SBI Roboは、検索エンジン開発のほか、Web 2.0プラットフォームを中心としたサービス企画/開発などを手がける企業。SBIホールディングスが、ソフトバンクの検索エンジン開発子会社であったソフトバンクRoboの全株式を2006年11月20日付けで取得し、現在の社名になった。資本金は7億5000万円。

 今回の合意により、FASTはSBI Robo株式の16%を取得する。今後両社は「Web2.0金融」と銘打って、検索技術を基盤にした新しい金融サービスの開発に取り組む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!