2つの統合業務パッケージ「SOLViT」と「SuperStream」をマスタレベルで連携するエルム

植村恒有(ロビンソン) 2007年02月09日 12時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月1日に開催された「MIJSカンファレンス Japan 2007」の製品連携セッションでは、フューチャーグループであるエルムの東日本ビジネスソリューション事業部部長、神谷昌樹氏が登壇。適材適所型ERPシステム(販売および会計)である中堅・中小企業向け基幹業務システム「SOLViT」とエス・エス・ジェイ(SSJ)の統合業務パッケージ「SuperStream」(会計)の組み合わせを、データ連携事例を交えて紹介した。

SOLViTは複合業務・業態対応型

 エルムが提供するSOLViTは、中堅中小企業向け基幹業務システムで販売/購買管理から原価計算に至るまでの機能を装備し、会社仕訳発生までの業務を一元化するツール。情報サービス業、各種工事業、広告業、各種機械商社、その他プロジェクト型業種などさまざまな業種や規模に適合し、かつ複数の簿記体系にも対応している。

エルムの神谷氏 エルムの東日本ビジネスソリューション事業部部長、神谷昌樹氏。

 神谷氏は、SOLViTの特長を、次のように語る。

 「商品販売業務から、工事/建設関連や開発関連など、プロジェクト型業務、サービス/メンテナンス業務まで共通機能で対応する。世の中には販売管理や原価計算、プロジェクト管理のソフトは山ほどあるが、それらをひとつのシステムでやろうというコンセプトで動いているのがSOLViTだ。複合業務/業態対応型の基幹業務システムといえる」(神谷氏)

 たとえば、企業内に物品販売部門、プロジェクト型業務の請負部門、ビルメンテナンス部門と業態の異なる部門があっても、ひとつのSOLViTシステムで対応可能。提供される機能は、共通機能に加え、業種別の特長機能を付加提供している。また、多くのパッケージソフトのように全体購入も可能だが、部品単位の購入も可能る。導入先としては、卸売業と製造業が大きな割合を占めているが、サービス業が徐々に増えつつある。

SuperStreamはバックオフィスマネジメントソリューション

 一方、今回連携を実現した相手は、SSJが提供しているSuperStreamだ。SSJは、複数の簿記種類、多階層部門管理、組織変更のいずれにも対応。「財務会計」「人事/給与」の2つの分野をカバーし、管理部門における業務の効率化を実現し、経営に必要となる意思決定の材料を提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!